もぎたて☆ディストピアン

よくばりな浪漫トラベラーに捧ぐ…

“ポプリ以上スキューバ未満”の伊達男

 

元スターリンの遠藤ミチロウ氏が現在闘病中であるとの事…

病に打ち勝ち、私達の前であの息を呑むようなライブパフォーマンスをまた再び見せて頂きたい!

今はゆっくり治療に努められ、一日も早く回復される事を祈るのみです。

 

ミチロウ氏がスターリンとは別に、カセットブックという新形態でソロプロジェクトを始動させた1984年当時、その存在感たるや正に飛ぶ鳥を落とす勢いの如くでした✨✨✨

そんなミチロウ氏率いるザ・スターリンと唯一渡り合ったバンドがいた…って事をご存知でしょうか?

そう、そのバンドこそ我らがP-MODELなのです❗️

 

この年の6月3日、横浜国立大学で行われた最初で最後のP-MODELとスターリンのジョイントライブ…

スターリンの前に登場したP-MODELに向かって観客から容赦なく浴びせられる“帰れ”コールに、

「じゃ、さよなら。」と本当にステージを降りてしまう4人のメンバー…

中断の後、何とスターリンコールよりP-MODELコールの方が大きくなり、戻って来た平沢氏が観客たちに問いかける…

「P-MODELを聴きたい人~?」

「ウォ~!」

もうこの頃にはイカつい皮ジャンパンクスとて、P-MODELが欲しくて欲しくてしょうがない気分になってたって寸法です(笑)

 

このライブの事で今では語り草になっているのが、ステージに押し寄せる荒ぶるパンクスたちに弾いていたベースをぶん投げて対抗したとされる、

P-MODELの二代目ベーシスト、

“菊池達也”氏のはっちゃけぶり!!!

ご本人は、別に普通に置いただけだと否定されてたりするのですが、テンションの上がり切った状況ゆえ、実際ホントの所はナゾです…

でもこの時のP-MODELの一連の行動が話題を呼び、次の新宿ロフトでのライブから驚異的に観客動員が伸びていったという記録が残っており、そういう意味ではこのライブでの菊池氏のパフォーマンスはバンドを救う、非常に有意義なコトではなかったのかな…と✨👌✨

 

f:id:toppaddy3216:20190212234404j:image

 

菊池達也氏は1963年7月30日東京都港区生まれ。

P-MODELのライブに初めて登場した時は驚く事にまだ高校2年生であったという…

早熟にも中2で初めてバンドを組み、何とそのバンド名が“ハイウェイ・スター”!

いやいや、これって絶対ディープ・パープルのコピーバンドですやん笑

実際はさておき、そんな少年時代のお遊びバンドの事なんて…と侮るなかれ、一緒に組んだメンバーの中には何と現あぶらだこのドラマー、“伊藤健一”氏もいたのだそうな…😲

 

菊池氏がP-MODELに在籍していたのは1980年11月21日から1984年8月5日まで。

その間には、正式メンバーになる前にレコーディングが始まった“ポプリ”、正式加入後の“パースペクティブ”&“アナザーゲーム”、脱退前からレコーディングが進行していた“スキューバ”の計4作品のアルバム制作が行われており、一般的にはパースペクティブとアナザーゲームにのみ関わったとされているのですが、実はポプリに収録の“いまわし電話”ではコーラスに参加していて、ジャケ写のアウトテイクには菊池氏が写ってるモノまで残っているのです。

 

f:id:toppaddy3216:20190213015250j:image

 

最後のスキューバのレコーディングにも当初は参加し、何曲かはベースパートの録音を終えていたそうなんですが、脱退が決まった為にそれらは後に平沢氏による演奏に差し替えられたとの事。

 

f:id:toppaddy3216:20190213015327j:image

 

P-MODELを辞めた後の消息は今まであまり知られていませんでしたが、大学に通いながら前述の伊藤健一氏が当時組んでたバンド、“SIN”のレコードのプロデュース、そして自ら結成した、“スポッツ”というバンドでのライブ活動も行っており、地方から観に来るお客さんもいたりして結構人気を博していたらしい…😏

 

f:id:toppaddy3216:20190213015419j:image

f:id:toppaddy3216:20190319083143j:image

“SIN”のレコード(ソノシート)は現在でも東京三軒茶屋のレコードショップ、“Fujiyama”で入手可能!🙆

(数に限りあり☝️)

 

f:id:toppaddy3216:20190213015451j:image

 

そういえば、遠藤ミチロウ氏が編集発行していたソノシート付マガジン、“ING'O”の幻に終わった第6号には“スポッツ”のソノシートが付く予定とのアナウンスが当時あったはず…

未確認ながらこれがその菊池氏のバンドだった可能性もあるワケなんです😱

 

大学卒業後音楽活動は休止し、会社勤めを経験した後に出版会社を立ち上げ、書籍や自らのレーベルからCDをリリースしたり、イベンターとして海外から“ジェームス・チャンス”らを招聘してツアーを組んだりと、正に八面六臂の大活躍!

またそれが縁でフリクションの“レック”と親交が出来、現在もそれは続いているのだそうです🍻

 

菊池氏の会社から出版された書籍の一部がこれ↓😉

f:id:toppaddy3216:20190213015902j:image

T.REX! フリクション! ハービー山口! 鋤田正義!

スゴいメンツです😆

 

そんな訳で、菊池氏がP-MODELを脱退した1984年は、例のスターリンとのライブバトルがあり、レコ倫と揉めて発売延期を重ねたアナザーゲームがようやく日の目を見たり、初めてプロデュース業に携わったり、新たなバンドをスタートさせたり…と、菊池氏にとっては激動の年であったと思うのですが、

実はまだもうひとつ重要な事が…!

 

菊池氏が残した唯一の自作曲である、

IKARIの“LUCKY TIME”

これがリリースされたのも実はこの年なのです!💃

 

正確な発売日は今から35年前の2月12日。

名曲の誉れ高いこのLUCKY TIMEですが、なぜかP-MODELの集大成的CDBOXである“太陽系亞種音”にはカップリングの“NO PERSPECTIVE”共々唯一未収録…

理由は全くの不明です。

ああ残念無念…😢

 

f:id:toppaddy3216:20190227165911j:image

f:id:toppaddy3216:20190227164734j:image

 

 

いま思えば、菊池氏が在籍していた頃のP-MODELはその長い歴史の中でも一番実験的で、ピリピリしてて、程よい怖さがあって、意表を突きまくってて、メンバーそれぞれのキャラも立ってて、その全てが唯一無二な存在でした✨

私などは、初代ベーシストの秋山氏が抜けてからP-MODELを聴き出したクチですので、どうしても菊池氏に対する思い入れの方が強いワケなんです。

ホント、ルックスもステージアクションも弾いてたGrecoのベースとかも、みな超カッコよかったですからねぇ…👌

憧れましたよね😊🎶

 

ただ甚だ残念なのが、P-MODELがもう全くTV等に出なくなった時代のメンバーだったが故、演奏シーンの公式映像がこれっぽっちも残ってないって事😰

う~む、何とかどっかから発掘出来ないものだろうか.....

 

 

f:id:toppaddy3216:20190213041133j:image

 

そんな菊池達也氏… いや、ご結婚時に改姓されて現在は佐久間達也氏になられてますが、準備が整ったとして2018年から遂に音楽活動を再開❕❕❕

“ナガオカダイゴロウ”(ex.Dog House Studio)氏とのユニット、

“さよなら子供たちオーケストラ”

を始動させ、昨年7月と今年の1月に新作をyoutubeチャンネルに発表🎶

https://youtu.be/46569vHuNuE

 

今後何を目論んでいるのか…

長い眠りの末、我々に一体何を伝えようとしているのか…

しばらくその動向から目が離せない要注意一味である事は間違いないでありましょう…😉🎶

 

f:id:toppaddy3216:20190213021335j:image

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

☆インスタもやってます📷https://www.instagram.com/aran_araki/


 

☆飼ってたニワトリの備忘録ブログです🐔


http://toppaddy3216.hatenadiary.jp/

 

 

高座の出囃子は“MOMO色トリック”が一番!

 

ミュージシャン以外でP-MODEL好きを公言した芸能人はおそらくこの方が初だったと思うんですよね。

落語家の、

“立川談之助”氏!

 

先日、落語会の後の打ち上げの場で少々テクノ談義をさせて頂いたのですが、そのお話は非常に興味深く、許可も下さいましたので、印象に残った内容をば、まとめてザッと紹介させて頂こうと思います。

 

「P-MODELは新宿ロフトで良く観た。とにかくカッコよかった。」

「ライブの楽屋におじゃました事もあった。マネージャー的な平沢さんのお兄さんとよく話をした。」

「ディーヴォやYMOも好きだった。YMOはチューブスの前座の厚生年金会館の時に観に行ってる。渡辺香津美は日本で一番上手いギタリストだと思った。」

「高座で着る羽織には自作のP-バッチを付けていた。」

「プラスチックスは業界のプロっぽい人。ヒカシューは演劇人。P-MODELはミュージシャンって感じがした。」

「例のサンプラ事件の時も観に行ってた。」

「昔は自分もバンドをやってて、サイドギターとボーカルを担当してた。都内のライブハウスに結構出てた。」

「シティロードを見てチェックし、他にも色んなライブに行った。ARB、RC、シャネルズとか。」

 

そして極めつけが、このエピソード…

「高座の出囃子は、ピンクの着物を着て出る時は“MOMO色トリック”。

グリーンの着物の時は“スパルタンX”をチョイスしていた笑」

 

師匠、プロレスもお好きだったんだなぁ…😉

 

 

f:id:toppaddy3216:20190212222506j:image

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

☆インスタもやってます📷https://www.instagram.com/aran_araki/


 

☆飼ってたニワトリの備忘録ブログです🐔


http://toppaddy3216.hatenadiary.jp/

 

 

喜劇人はホラーがお好き

 

ホラーやSF映画フィルム収集の第一人者、“芦屋小雁”氏がナビゲートする映画上映イベントに行ってきました😄🎦

 

15歳の時に実兄の芦屋雁之助氏との漫才コンビで芸能界にデビューしてから今年でちょうど70年!

喜劇界の重鎮となられた今も、趣味のホラーやSF映画への情熱は一切冷める事なく、チャンスがあれば自分で監督をしてホラー映画を1本撮りたいとまで語られるその表情は、まるで夢を抱く少年のよう…✨✨✨


f:id:toppaddy3216:20190212223357j:image

 

中でも“ボリス・カーロフ”が演じるフランケンシュタイン映画が大のお気に入りとの事。

文学的で格調高い作風であるのがその理由なのだとか。

 

ほんの少し前に“あの人は今”的番組で、小雁氏の体調についてあれこれ報じられてるのを観てたんですが、この日の小雁氏の楽しいトークを聴いてると、

テレビって、ホント大げさやなぁ…なんてつくづく思いましたねぇ…笑


f:id:toppaddy3216:20190212223535j:image

 

帰り際にこんな事を小雁氏に尋ねてみたんです☝️

“東宝にもフランケンシュタインが出る怪獣映画が2本あるんですが、それはご存知でしたでしょうか?”

「いや、知らないですねぇ。

フランケンシュタインって言ったらやはりボリス・カーロフだから。

でも、ゴジラは好きですよ。

第1作目だけやけど(笑)」

 

そういえば、クレイジーキャッツの“谷啓”氏もホラー映画収集で有名でしたよね。

喜劇に携わってきた方たちにはホラーやSF好きが多いのかな😉

 

f:id:toppaddy3216:20190212223637j:image

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

☆インスタもやってます📷https://www.instagram.com/aran_araki/


 

☆飼ってたニワトリの備忘録ブログです🐔


http://toppaddy3216.hatenadiary.jp/

 

 

 

“大友組”事務所、襲撃!

 

北野武監督の衝撃作、“アウトレイジ“に登場する大友組事務所の撮影現場が神戸三宮にあると訊いて襲撃してきました笑😉

 

f:id:toppaddy3216:20190212223831j:image

f:id:toppaddy3216:20190213200556j:image
f:id:toppaddy3216:20190212223957j:image

f:id:toppaddy3216:20190212224025j:image

f:id:toppaddy3216:20190212224103j:image

f:id:toppaddy3216:20190212224214j:image

f:id:toppaddy3216:20190212224233j:image

f:id:toppaddy3216:20190212224301j:image

f:id:toppaddy3216:20190212224334j:image

f:id:toppaddy3216:20190212224414j:image

f:id:toppaddy3216:20190213195708j:image

f:id:toppaddy3216:20190213195806j:image

f:id:toppaddy3216:20190213200441j:image

f:id:toppaddy3216:20190213195842j:image

f:id:toppaddy3216:20190212224516j:image

f:id:toppaddy3216:20190212224544j:image

f:id:toppaddy3216:20190212224717j:image

公開後9年も経っているのに、こうやって観光スポットとして今でも大切に保存されてるんですねぇ…😌

 

何だかまたこの映画が観たくなってきました😁✌️

 

f:id:toppaddy3216:20190212224627j:image

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

☆インスタもやってます📷https://www.instagram.com/aran_araki/


 

☆飼ってたニワトリの備忘録ブログです🐔


http://toppaddy3216.hatenadiary.jp/

 

 

誰よりもメカゴジラを愛す

 

特撮映画で使われた貴重な造型資料や小道具の展示イベントを日本全国を巡回して行っているのが、

“特撮のDNA展”

2018年の7月から9月にかけては明石市立文化博物館にて開催されました😉👌

 

たくさん写真を撮ってきましたので、ちょっと紹介しますね✨

 

f:id:toppaddy3216:20190212225655j:image
f:id:toppaddy3216:20190212225755j:image
f:id:toppaddy3216:20190212225817j:image

f:id:toppaddy3216:20190212225947j:image
f:id:toppaddy3216:20190212230149j:image
f:id:toppaddy3216:20190212230125j:image
f:id:toppaddy3216:20190212230211j:image
f:id:toppaddy3216:20190212230301j:image
f:id:toppaddy3216:20190212230556j:image
f:id:toppaddy3216:20190212230618j:image


追記

えっ、まだ見足りない?

わかりました。

明石の次の巡回地、東京蒲田展にも行って来ましたので、さあどーぞ!


f:id:toppaddy3216:20190212230709j:image

f:id:toppaddy3216:20190212230732j:image

f:id:toppaddy3216:20190212230749j:image

f:id:toppaddy3216:20190212230831j:image
f:id:toppaddy3216:20190212230857j:image

いかがでした?

喜んで頂けましたでしょうか?(笑)😉

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

☆インスタもやってます📷https://www.instagram.com/aran_araki/


 

☆飼ってたニワトリの備忘録ブログです🐔


http://toppaddy3216.hatenadiary.jp/

 

 

われ日本プロレス道場秘伝の“ちゃんこ”を食す!

 

相撲部屋やプロレス道場などで日常的に食されている、

“ちゃんこ鍋”

専門店ではなく、道場で作られその場で食べる本物のちゃんこを味わってみたい…

そんな願いが叶うイベントに先日参加してきました😂👌

 

力道山門下生の元プロレスラー、北沢幹之氏が再現する日本プロレス秘伝のちゃんこ鍋2種!🍲🍲


f:id:toppaddy3216:20190212232155j:image

 

まずは、“豚ちり鍋”

特製おろしポン酢でいただきます✨

f:id:toppaddy3216:20190212231614j:image
f:id:toppaddy3216:20190212231638j:image


次に、“鰯のつみれの味噌炊き鍋”

f:id:toppaddy3216:20190212231703j:image

f:id:toppaddy3216:20190212231724j:image

 

それぞれのお味はも~絶品!🙌

今すぐにでもまた食べたいっす…😋

 

北沢さん、スネークピットのみなさん、楽しいイベントありがとうございました!🙇

 

f:id:toppaddy3216:20190212232122j:image

f:id:toppaddy3216:20190212232307j:image

f:id:toppaddy3216:20190213084317j:image

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

☆インスタもやってます📷https://www.instagram.com/aran_araki/


 

☆飼ってたニワトリの備忘録ブログです🐔


http://toppaddy3216.hatenadiary.jp/

 

ノーゲームの夜

 

ついこの間までオフィス北野のお家騒動の一件でテレビのワイドショーに出ずっぱりだった、たけし軍団の重鎮ダンカン氏。

この方のお顔を見るたびふと思い出す事があるんですよ~😉

 

今からちょうど35年前の1983年8月7日、ライブハウス・新宿ロフトにて行われたスペシャルイベント、“NO GAMES NIGHT”

出演は、MUSIC&WORDS(平沢進+神尾明朗+小久保隆)、Shampoo(折茂昌美+高田真奈美)、立川談之助+武藤佳世の3組。

 

P-MODELファンだった事が縁で出演した立川談之助氏は、当時よくTVなどで披露していた“懐かしのヒーロー変身芸”ネタを芸者パフォーマンスの武藤氏とのコラボで行い、客席を笑いと困惑の渦に巻き込んでさっさと退場(笑)

 

平沢氏のユニットはこの企画の為だけの特別なモノ。

サングラスを掛け、ギターをぶら下げたままフロアタムを叩きながら歌うという珍しいパフォーマンスでライブはスタート!

Synthwave的な趣の楽曲群は全てこの日が初披露&即刻封印の、それはそれはレア度MAXなライブでありました✨

特に1曲目の“ゲルマニウム”は今でもそのフレーズが頭に残ってて離れないんだよなぁ…😉

 

で、全てのライブが終わった頃だったでしょうか…

観客に混じってフロアの椅子に座りライブを観ていたダンカン氏に向かって一緒にいた芸人仲間が、

「ステージに上がれ! なんかやれ!」

ってな調子で煽ったんですね。

もうその頃のダンカン氏は立川一門からも離れ、たけし軍団のメンバーとして結構破天荒なイメージがあったんですが、そんなダンカン氏であってもさすがにこの日のメンツの後では超々やりにくかったようで躊躇してしまい、結局ノーゲームと相成った次第…

私は真横でそのやり取りを見てたって訳なんです😁

 

ちなみに談之助氏やダンカン氏の師匠であった立川談志氏が、当時の落語協会に異を唱え、弟子たちと共に協会を脱会して落語立川流を創設したのもちょうどこの年なんですよねぇ…😉👍

 


f:id:toppaddy3216:20190211100949j:image

“DANNOSUKE-TACHIKAWA”と表記されてるのはご愛嬌…笑

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

☆インスタもやってます📷https://www.instagram.com/aran_araki/


 

☆飼ってたニワトリの備忘録ブログです🐔


http://toppaddy3216.hatenadiary.jp/