読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もぎたて☆ディストピアン

よくばりな浪漫トラベラーに捧ぐ…

2.5次元からの使者! イケメン女子ユニット “風男塾”

風男塾

 

2.5次元とは…

2次元(アニメなど架空のキャラクター)と3次元(実在する人物)の中間という意味であり、様々なキャラクターに扮したコスプレや、パフォーマンス等を指すスラングだとの事…☝

 

“男装女子”のアイドルユニットにもそれは当てはまるようで、何と言ってもその代表格が、

“風男塾”

ライブでは歌以外にも、メンバーによる、“BL”的なミニドラマを組み入れたりする事もあるようで、それを観た会場の女子たちのハートをキュンキュンさせているそうな😍

 

でもよ~く考えたら、全員女子やん(笑)

女の子って、とっても不思議っす…😉

 

そういった活動で、以前から唯一無二の存在として世間を賑わせていた彼(?)らも、前身の“中野腐女子シスターズ”からだともう今年で結成10年になるそうです👍

 

そんな地道に頑張る彼らに敬意を払い、先日神戸で行われたライブをわたくし、体験して参りました😄

場所は異人館にも近い、神戸北野・ハンター坂にあるライブハウス。

客層は、ほぼ9割が女子で、宝塚みたいな会場の光景に改めてビックリ😲

 

f:id:toppaddy3216:20160926163950j:image

 

モニターにプロモ映像が流れ始めると、後方の人たちに配慮して一斉にしゃがみこんだりする姿も、女子らしいというか、日本人ぽいというか、やはり宝塚ファンを彷彿させるというか、魔法にかかって操られてるような感じというか(笑) 

 

1曲目の頭にだけ、アイドルのライブでお馴染みの、例の“サイバーダイバーコール”がかかるんですねぇ。しかもそれを女子がやってるのが新鮮で面白い😁

 

目の前には、中学生…でもなさそうな若すぎる女子がいたりして、お母さんと一緒にお気に入りのメンバーに向かって一生懸命サイリウムを振り、応援してました😊

お母さん、きっと無理やりライブに付き合わされたんやろなぁ(笑)

 

アイドルオタ風の人や、推しメンの刺繍入りのツナギを着た気合い充分の親衛隊風の男性客なども混じる中、いささか場違いな、おそらく現場最年長の私は、出来るだけその存在を消し、ライブ終了と同時にそそくさとこの特殊な地下空間から退散するつもりでしたが…

「あのォ… 持ってます? よかったらこれ…」

ライブ終盤の盛り上がり最高潮の際、背後からひとりの女子に声をかけられ、ビニール袋いっぱいに詰められたサイリウムを差し出され、強制応援参加と相成ってしまいました(爆)

 

観客みんなでひとつになろうという一体感が強いんでしょうね✨

でもその気持ちがよく分かる程の、熱く激しく素敵なライブであった事に違いはありません!✌

 

最近では、昔は御法度とされていた、ライブや紅白歌合戦のステージ上での“口パク”を平然とやり過ごすアーティストが多々いる中、風男塾のメンバーは全力で歌い、舞い踊るのです😊

重労働やろうに…この時期だし😅

もう3曲目あたりからメンバーの額には汗が光り出してました。

しかも1日に2ステージをこなしてもいる💧

案外体力あるよなぁ😲

女子プロレスラーとしてリングで闘ったキャリアのあるメンバーがいるだけに、ヒンズースクワットとかで日夜鍛えているのかも知れません😜

 

ライブ前半では揃いの衣装でカッコよく振る舞い、後半では私服姿風にラフにキメる!

女性アイドルでありながら、そこには当然お色気など皆無。

しかしながら、MCの時には隠しきれずに女の子っぽさがつい出てしまったり…

きっとそれもファンにはたまらないのでしょうね😆

 

ラストの、当日の事前人気投票No.1になった初期ナンバー(This is love)のパフォーマンスが特にカッコ良かった👍

意表を突く結果に、新加入のメンバーが若干慌ててたように見えましたけど…(笑)

 

誕生日が近いメンバーへのサプライズがあったり、関西出身メンバーによる神戸の街についての掛け合いトークがあったり…

最後まで飽きさせない内容で、観客はみんな大満足のようでした🙌

 

でも、こんなクオリティなら、

大物ミュージシャンがプロデュースに関わったりなんかすれば、Mステくらい直ぐ出れそうなのになぁ…

是非大ブレイクして世間にもっと知ってもらいたいアーティストですよねー✨

こんな事、世界中でも他に誰もやっていないんだから…

 

私がライブに行く事はもうないかも知れませんが、それでも陰ながらずっと風男塾の応援を続けていきたいと思っています😏

 

ガンバレ! 風男塾!!

 

あ…でも生演奏のバンドバージョンライブでも企画されたりしたら、ダッシュで観に行っちゃうかもなぁ(笑)

 

f:id:toppaddy3216:20160926164007j:image

★近日、大阪で風男塾のライブがあります☝

 

『風男塾 ライブツアー2016-2017~WITH+~
大阪』

【日程】2016年10月1日(土)
【会場】大阪 ESAKA MUSE
【時間】

1部 開場 13:00 / 開演 13:30
2部 開場 17:30 / 開演 18:00
【お問い合わせ】サウンドクリエーター TEL:06-6357-4400
イベント当日のご案内

先行グッズ販売 & CD予約について

販売時間:10:00~12:30

 

シン・ゴジラで観比べてみた、“体感型シネマ” オールラインナップ

体感型シネマ

 

いつの頃からか、“体感型シネマ”なるモノが世に溢れ出し、劇場で映画を観るにおいて、また新たな楽しみが増える事となりました😁

 

気に入った作品なら何度も劇場に足を運んだりしますよね? そんな時にも、この体感型方式をチョイスする事で、また新鮮な気持ちで観れたりするメリットがあるというワケなのです👍

 

“体感型”と、ひとまとめにしてしまいましたが、

座席が動いたりする、“アトラクション型”と、

画面が目前に迫ってくるリアル感が得られる、“超巨大スクリーン型”、

とに分かれます。

 

そしてそのフルラインナップがこれで~す☝

 

“アトラク型”

①MX4D

米MediaMation社の開発した4Dシステム。
今の所、国内ではTOHOシネマズだけに導入されています。

シートの可動と演出の種類は、

前後上下左右への動き・地響・突き上げ・背後での振動・首元・足元へのタッチ・香り・風・水しぶき・突風・霧・煙・ストロボ。

4DXよりも接触感のある演出が多く、よりアトラク性が高いと言われてます。

 

②4DX

韓国CJ 4DPLEX社が開発した体感を演出するための劇場上映システム。

シートの可動と演出の種類は、

前後上下左右への動き・背中への衝撃・地響・耳と首筋へのエアー・風・水しぶき・霧・雨・嵐・雪・香り・煙・雷・泡。

砲撃シーン等の際、背後から強いエアーが噴射されたりする事で、独特の臨場感が味わえるのが4DXの特徴です。

 

③4DXエクストリーム版

4DXのシートモーションレベルを最大に設定する事で、かつてない激しい座席揺れを体感できるシステム。

隣接シアターへの影響を考慮して、上映は他シアターの上映が終了したその日の夜、1回限りとなっています😱

 

 

“ 超巨大スクリーン型”

①IMAX

カナダのIMAX社が開発した動画フィルムの規格・映写システム。通常の映画で使われるフィルムよりも大きなサイズで映像を記録・上映する事で、 映画を構成する映像、音響、空間などの要素は全て最高の水準まで高められ、これまでにない美しさや臨場感を体感することが可能となっています。 

IMAXフォーマットで撮影され上映される場合と、通常の映画作品をアップコンバートし、IMAX用の映画館で上映する場合との、2パターンがあります。


②TCX

日本のTOHOシネマズ独自規格によるエクストララージスクリーン。 左右の壁から壁まで一面に広がったスクリーンで、実物大のマッコウクジラがすっぽり入るほど巨大。

同規模の座席数のスクリーンよりも画面サイズを約120%拡大した状態で鑑賞が出来る。

床・壁・天井・シート、それぞれのカラーをダーク系に統一する事でスクリーン以外の光の反射を軽減するなど、理想的な映画鑑賞環境を創りあげています。

しかも、これのみ追加料金の必要なし!🙌

 

 

さあ、果たしてそれぞれどんな違いがあるんだろう…?

無性に試してみたくなったので、絶賛公開中の“シン・ゴジラ”で観比べてきました。

そんなワケで私、シンゴジを通常版も含めて都合6回観た事になります… 

ま、つくづくヒマな男です(笑)

 

 

最初に試したのは、MX4D(料金¥2600也)

確かに座席がシーンに合わせてムーブするんですが、うーん、どこか物足りない…

ディズニーランドやUSJでのライド・アトラクションなんかに慣らされている所為でしょうか…可動ギミックが凄く控えめに感じてしまいました。

あと、座席の肘掛けの部分から、これもシーンに応じて水しぶきが顔めがけて噴射されるのですが、これがやたら多い💦

私は普段、メガネをかけているんですが、おかげで度々レンズを拭くはめに…💧

 
f:id:toppaddy3216:20160922203949j:image

f:id:toppaddy3216:20160922204018j:image

 

次は4DX(¥2800)

MX4Dに比べて、かなり座席がムーブします。やはりこれ位でないとなぁ…

水しぶきの噴射回数は少なめで程良い感じ。

しかもwater offボタンが設置されているので、噴射ブロックも出来ます。

 

f:id:toppaddy3216:20160922210717j:image

f:id:toppaddy3216:20160922204428j:image

 f:id:toppaddy3216:20160922204441j:image
f:id:toppaddy3216:20160922205531j:image

続いて、4DXエクストリーム版(レイトショー価格の為¥2300)

はっきり言って、通常の4DXとそれほど違いを感じませんでした。

そう言えば、若干後頭部が強めに弾んでた気がするなぁ…てな程度。

これなら特にエクストリーム版で観るまでもないよなぁ…😔

 

f:id:toppaddy3216:20160922204525j:image

f:id:toppaddy3216:20160922204555j:image
f:id:toppaddy3216:20160922205744j:image
f:id:toppaddy3216:20160922204651j:image

 

引き続き、巨大スクリーン型IMAX(¥2400)

正方形の巨大画面。

画質・音質共、圧倒的にイイ!

高解像度すぎて、年配役者のアップは気の毒なほど…😅

雑踏シーンの民衆のザワザワした声なんかも、色んな位置や角度から聴こえてきて、凄くリアル。

但し、所詮は元映像をブローアップしただけであり、本来の完全なIMAX仕様とは言えず、シンゴジでは残念ながら本領発揮とまではいってないと思われます。

 
f:id:toppaddy3216:20160922204744j:image

 f:id:toppaddy3216:20160922204832j:image
f:id:toppaddy3216:20160922204858j:image
f:id:toppaddy3216:20160922204932j:image
f:id:toppaddy3216:20160922204951j:image
f:id:toppaddy3216:20160922205008j:image

そして最後に、TCX(¥1800)

もー、最高です。

画面が究極にデカい! アスペクト比がピッタリ合ってますから尚更そう感じます。

作品の世界に心底、没入出来ます。

画質はIMAXの方が若干良かったような気もしますが、音質に関しては、ドルビーATMOSという次世代音響装置が導入されている事で、TCXの方がクリアだし、音が移動していく時なんかの臨場感も凄かった!

但し、IMAXでもそうですが、あまり前の方の座席で観ると、スクリーン全体から放たれるド迫力感が逆に薄れて勿体ないかも…

 
f:id:toppaddy3216:20160922210052j:image

 f:id:toppaddy3216:20160922210257j:image

以上、あくまでも全て私個人の感想ですので、観る人によって受け取り方は若干異なるかも知れません。

それに選ぶ作品によっても比較した印象が変わってくると思います。

空や宇宙を飛び回ったり、カーアクションや、激しい銃の撃ち合いがあったりといった作品であるなら、 それぞれもっと独自のムーブが楽しめるかも知れないですし、これに3Dまで組み合わさった場合はどうなるんだろう?っていう疑問も湧いてきます。

 

でも、あえてどれが一番良かったかを言っちゃえば、

アトラク型なら4DX。

巨大スクリーン型ならTCX。

更にどちらかひとつ選ぶなら、タイプは違いますが、

トータル的に、TCXに軍配を上げたいと思います!(^_^)b

 

しかしながら、シン・ゴジラをTCX版で観れるチャンスはあとわずか😨

“TOHOシネマズ日本橋”でのみ、9月23日までとなっております。

お近くの方は是非お試しあれ☝

 

日本一のフードテーマパーク “新横浜ラーメン博物館”

新横浜ラーメン博物館

 

“新横浜ラーメン博物館”

“フードテーマパーク”と言えば、まずここを思い浮かべてしまうほど知名度のあるスポットですよね☝

それもそのはず、1994年3月グランドオープンですから何ともう22年も続いている優良施設なのです👍

よほど来館客数がコンスタントにあるんでしょうねぇ~😁

 

f:id:toppaddy3216:20160910113223j:image

f:id:toppaddy3216:20160910113238j:image
f:id:toppaddy3216:20160912000822j:image

これまで中々訪ねる機会がなかったのですが、いざ行ってみてビックリ!😲

館内は、日清チキンラーメンが販売開始された昭和33年当時の街並みを再現した造りになっていて、これを眺めるだけでも価値があります😄

特に関西人なら、2009年に惜しまれつつ閉館してしまった、“道頓堀極楽商店街”というフードテーマパークを即座に思い出すのではないでしょうか。

いやぁ懐かしい… 雰囲気そっくりですもん😂

今思えば、このラーメン博物館を参考にして造られていた施設だったかも知れませんね😉

 

さて館内の様子です。             

まずはB2フロア。               吹き抜けになっていて、昭和時代の空間が上手く演出されています👍

ラーメン店は6店舗ありました。

f:id:toppaddy3216:20160910124756j:image

f:id:toppaddy3216:20160910124846j:image

f:id:toppaddy3216:20160910124907j:image

f:id:toppaddy3216:20160911084200j:image
f:id:toppaddy3216:20160911084258j:image
f:id:toppaddy3216:20160911084430j:image
f:id:toppaddy3216:20160911084448j:image

f:id:toppaddy3216:20160911084516j:image
f:id:toppaddy3216:20160911084607j:image
f:id:toppaddy3216:20160911084643j:image
f:id:toppaddy3216:20160911122958j:image
f:id:toppaddy3216:20160911122919j:image
f:id:toppaddy3216:20160911123417j:image
f:id:toppaddy3216:20160911123453j:image

B1フロア。                  路地裏の飲み屋街のイメージで、スゴくイイ感じ👍

3店舗が営業してました。

f:id:toppaddy3216:20160910194256j:image

f:id:toppaddy3216:20160910194320j:image

f:id:toppaddy3216:20160910194350j:image

f:id:toppaddy3216:20160910194416j:image

f:id:toppaddy3216:20160910194436j:image

f:id:toppaddy3216:20160910194456j:image

f:id:toppaddy3216:20160910194511j:image

f:id:toppaddy3216:20160910195256j:image

f:id:toppaddy3216:20160910195316j:image

 喫茶店もあります。
f:id:toppaddy3216:20160911225858j:image

 

このお巡りさん、何していると思います?    実はスタッフが扮していて、掲示板の各店の待ち時間情報を定期的に更新してくれているんです🙌
f:id:toppaddy3216:20160910195400j:image
f:id:toppaddy3216:20160910195439j:image

どの店で食べるか迷っちゃいますよねぇ…

パッと思いついたのが、TV番組“YOUは何しに日本へ?”で紹介されていた、このお店。

f:id:toppaddy3216:20160910195520j:image
f:id:toppaddy3216:20160910195723j:image
f:id:toppaddy3216:20160910195746j:image

ラーメン研究を重ねたイタリア人が、当館からオファーを受けて出店した、ミラノ風とんこつラーメンとの触れ込み☝

 

“ミラノとんこつラーメン”

f:id:toppaddy3216:20160910195806j:image

味は思ってたよりは正統なとんこつラーメンって感じでした。

それほど奇をてらった訳でもなく、凄く美味しかった😋

 

店内の壁面には、イタリア人オーナーの奥様の手描きの画が😊

f:id:toppaddy3216:20160910195831j:image

 

1Fフロア。                  このフロアは、ラーメンミュージアムとショップで構成されています。
f:id:toppaddy3216:20160910195916j:image
f:id:toppaddy3216:20160910200020j:image
f:id:toppaddy3216:20160910200059j:image
f:id:toppaddy3216:20160910200118j:image
f:id:toppaddy3216:20160910200147j:image
f:id:toppaddy3216:20160910200211j:image
f:id:toppaddy3216:20160910200244j:image
f:id:toppaddy3216:20160910200310j:image
f:id:toppaddy3216:20160910200331j:image
f:id:toppaddy3216:20160910200354j:image

あのイタリア人オーナーのお店のグッズも売られてました😉
f:id:toppaddy3216:20160910200436j:image

せっかく来たからには色んな店のラーメンをハシゴして食べたい…

つい、そんな思いに駆られてしまいますが、どのお店にも通常の半分くらいのサイズのラーメンが用意されているので、食べ歩きも可能ですよ~!🙌

 

行った日の帰りの夜、横浜のバーで、マスターや他のお客さんたちにラーメン博物館の事を話したら、“すみれ”という店の札幌ラーメンが一番のオススメだとアドバイスされました。

今後行かれる方への参考として、一応記しておきますね☝

 

あ-、でも先に聞いとけばよかったなぁ…

また行かねばなるまい(笑)

 

f:id:toppaddy3216:20160910200556j:image
f:id:toppaddy3216:20160910200533j:image

 

オカルトの殿堂か秘宝館か… お台場“妖怪博物館”

山口敏太郎の妖怪博物館

 

作家で超常現象研究家である、

“山口敏太郎”氏

先日、氏のトークを聴く機会があったのですが、

『もっと色んな話しを聴きてぇ~!』

てな感じで私、中毒になりかけてます(^_^)b

 

ボキャブラリーが豊富で、理路整然と話しをされ、

討論の際などに、熱くなりながらも決してアタフタせず、

会話の間を繋ぐ術にも長け、

思ったり感じた事を、いとも簡単に活字や文章に置き換えられる…

 

上記のような、“トークや執筆の達人”に対して羨望の眼差しを向けてしまう私ですが、

正に山口氏の印象がそんな感じなのです☝

 

私なんか、ブログひとつ書くのにも結構な時間を費やし、アップした後にも、

“まとまりがないなぁ…”

とか

“ここ意味分からん…”

といったマズさに気付き、加筆修正、そして時には下書きに戻したりする有り様…

ホント自分に呆れます(笑)

 

かつて、                   関東地方へのネットは意図的に外されているという、読売テレビの人気番組、“そこまで言って委員会”に山口氏が出演された際にも大ウケでしたよね😉

あれなら、超常現象がテーマの回以外でもパネラーとして普通に登場して頂きたいくらいです🙏

 

SNSでの惜しまぬ情報発信の分量も凄い!

サービス精神旺盛な方なんだろうなぁ~実は😉

 

大学時代、研究会に所属していたほどの、“プロレス好き”であるという事にも共感してしまいます😄

 

山口氏には、豊富な知識をバックボーンとして、いつかゴジラ映画の監督にも挑戦して頂きたいものです🎦

 

さて、その山口敏太郎氏が主催する、こんな仰天スポットをご紹介致しましょう☝

 

東京お台場“DACS”4Fの昭和ミュージアム。

f:id:toppaddy3216:20160904151702j:image
f:id:toppaddy3216:20160904222943j:image
f:id:toppaddy3216:20160904151724j:image
f:id:toppaddy3216:20160904151924j:image
f:id:toppaddy3216:20160908104958j:image
f:id:toppaddy3216:20160904223007j:image

レトロチックな趣のこのフロアならではの、カラフルでポップな雰囲気や、たくさんの来店客で賑わう活気に決して浮かれてばかりいてはなりません。

ふと気が付けば、きっとあなたもひときわ異質なこの館の前に立ち尽くしている事でしょう…😱

 

“山口敏太郎の妖怪博物館”

 
f:id:toppaddy3216:20160904152041j:image

f:id:toppaddy3216:20160904223037j:image
f:id:toppaddy3216:20160904223102j:image

f:id:toppaddy3216:20160904223200j:image

f:id:toppaddy3216:20160904223224j:image

ん、ちょっとうさんくさい?

フフッ、

そんな事が言えるのは今だけです😏

入館料600円。

だが、店頭のリーフレットを提示すれば半額の300円に…

f:id:toppaddy3216:20160904223304j:image

 

安い、安すぎる!

受付のお姉さんのノリもやたらイイ!

どうです、逆に不安になりませんか?(笑)    しかし館内は、コンパクトなスペースに展示物がこれでもかというくらいにい~っぱいで非常に見応えがあります🙌

妖怪だけに特化しているワケではなく、UMAとかUFOとか超能力とか、ジャンルは幅広い👻👹👿👾👺👽

f:id:toppaddy3216:20160904222442j:image

 

怪しすぎるんですけど…ここ(笑)

でも今まで、ありそうでなかったスポットではないでしょうか☝

オカルト好きにはたまらないと思います👍

 

館内、写真を撮ってもオッケーな展示物がふたつばかしありました。

UMA系?のこれとこれです👇

f:id:toppaddy3216:20160904223402j:image
f:id:toppaddy3216:20160904223417j:image

f:id:toppaddy3216:20160904223433j:image

f:id:toppaddy3216:20160904224230j:image

 

しかし中で展示物を観てても、何だか常にある一点が気になるんですよね~😓

実はこの館には、メインとなる禁断?の展示物があるのです。

それが、

“呪い面”

フジテレビ「奇跡体験!アンビリバボー」内で2012年に放送されて大反響を呼び、2014年にはドキュメント映画化までされた、

“関わる者が不幸になる”との噂の“陶器製のお面”。

 

元々そのお面は、山口敏太郎氏が関西地方の骨董屋から購入したもので、元来は儀式やお祭りに使われていたものらしい…

館に入れば、いきなりこの呪い面のコーナーがあり、意表を付かれます💦

 

現在、お面の現物は京都の寺院に封印されている為、写真パネルでのみの展示に留められているんですが、それさえも常に黒い幕で覆い隠され、見たい人は自己責任においてその幕をめくるべく、注意書きがなされています😨

もちろん写真撮影は不可。

もぉ~、こわいわぁ~…😱

 

私も好奇心に負けて幕をめくってしまいましたが、何とか無事に過ごしてます(笑)

まあでも、ついめくって見てしまいますよね😉

 

以上、いささか時期はずれの怪奇スポット案内でしたが、くれぐれも館での“ご対面”の際には、アタフタされませぬよう…(^_-)

 

最後に山口氏の、呪い面に関するコメントを…

「画像や映像を見ただけでは呪いはおこらない。安心してほしい。また今まで、不幸になっているのは興味本位で面を、直接生で取材したマスコミ関係者、メディア関係者、本人か、その周辺であり、一般の視聴者や読者には影響は無い!」

 

との事です😉

 

f:id:toppaddy3216:20160904222353j:image
 
f:id:toppaddy3216:20160907231203j:image

 

売れっ子吉本芸人はみんな食べていた!? 千とせの“肉吸い ”

千とせ “肉吸い”

 

10年くらい前からでしょうか、

大阪・なんばグランド花月からほど近い場所に位置する、“千とせ”といううどん屋さんの、“とあるメニュー”が巷で話題になり始めたのは…

 

f:id:toppaddy3216:20160828203801j:image

f:id:toppaddy3216:20160828214837j:image

f:id:toppaddy3216:20160829010646j:image

 

“肉吸い”

肉うどんから何と、うどんを抜き、出汁と具オンリーにした一品😱

 

誕生した経緯はこれです。

f:id:toppaddy3216:20160828204540j:image

 

『この店で肉吸いを食べれば、売れる!』

今や売れっ子になった様々な吉本芸人たちが大阪時代にこぞってこの店に通っていたとのウワサから、いつしか若手芸人たちの縁起担ぎとして食べられるようにもなったとか…

 

今や関西のコンビニやスーパーでは、姫路駅の“えきそば”と並ぶ、カップメンやレンジアップ化商品のキラーアイテムとなっています😋

 

千とせは、昭和24年創業の老舗うどん店で、ここの名物“肉うどん”は、鰹ベースの出汁に、煮込んだ牛バラ肉を入れたもの☝

 

このお店、やたら閉店時間が早いし、いつも行列が出来ている事もあって、前から気にはなっていたものの、これまでずっと行けずじまいでした😲

 

全国的にその存在が知られる様になってきたからか、4年前には NGKの1階に“千とせ別館”という姉妹店もオープン!🙌

 

先日、ようやく食べに行けたのですが、やはり人気がありますね。真夏の暑い中、外国人まで列に並んでました😉

f:id:toppaddy3216:20160828204510j:image

f:id:toppaddy3216:20160828211044j:image

 

味はとても庶民的な感じの美味さ!👍

辛さも丁度良く、関西人ならご飯も一緒に欲しくなるでしょうね(笑)

あ、このお店は卵かけご飯も名物みたいです☝

 

f:id:toppaddy3216:20160828204806j:image

f:id:toppaddy3216:20160828215406j:image

f:id:toppaddy3216:20160828211001j:image
f:id:toppaddy3216:20160828204908j:image

f:id:toppaddy3216:20160828204919j:image

 

ハシゴして別館にも寄って来ました😁f:id:toppaddy3216:20160828211535j:image

f:id:toppaddy3216:20160828205514j:image

別館のみ、自販機で食券を買うシステム。

これって何だか風情がないんですよねぇ…😔

f:id:toppaddy3216:20160828210031j:image
f:id:toppaddy3216:20160828210053j:image
f:id:toppaddy3216:20160828205818j:image

ここでは肉吸いのみを注文。

うどんの代わりに豆腐入りを選択。

半熟たまごが元々トッピングされているんですが、頼んで抜いてもらいました😏

f:id:toppaddy3216:20160828215658j:image

 

私…実は子供の頃、にわとりをペットに飼っていたせいで、今でも積極的に卵と鶏肉は食べないんです😅

詳しくは私の別ブログ、“いとしのチーコ”をご参照下さいませ(笑)

 http://toppaddy3216.hatenadiary.jp/

 

出汁の味は、両店で特に違いは感じませんでした。
でも折角なら、やはり本店で食べた方が美味しく感じるかも知れません。

 

本店の雰囲気、抜群にイイですもん😄👍

 

以上で~す<(_ _)>

 

 

だかしかし…

どうもここまでに至った経緯、         私には吉本興業の策略と言うか、商魂を感じて仕方がないのですが…(爆)

 

『昭和歌謡への恩返し…』“町あかり”の新作アイデアにヤラレタ!

町あかり

 

またまた今回も紹介せずにはいられない、

本日8月24日発売の新譜!

 

“町あかり『あかりの恩返し』”

 

昨年のメジャーデビューアルバム発表から1年強、

待ちに待った新作フルアルバムのテーマは、

 

“昭和歌謡華やかなりし頃…        当時の代表的歌手たちに、もし“町あかり”が楽曲提供を依頼されたなら、果たしてどんな曲で応えるのか…?”

 

う~ん、すげーアイデアですよね(*_*)

思わず聴いてみたくなりますもんね✌

 

内容は、もちろんこれまで巷にあったような、パロディーや引用の類とは全然違います。

純粋に、それぞれの歌手の次回作/新曲として全編創作されている訳なんですよー👍

 

誰からの依頼…とかの設定は一応伏せられていますが、ライナー読んじゃうとヒントで分かってしまいますので、まずは一切何も予備知識を入れずに聴いてみて、

例えば、あぁ…これは百恵ちゃん用の曲かな?

とか、

ジュリー用かな?

何て、自分で想像しながらニマニマ聴いて楽しむのが、このアルバムの醍醐味と言えるでしょう👍😄

 

曲名からでは見当がつかないので、早速私もじっくりと聴き込んでみました💿

 

ん、

これはなかなか当てるのが難しい…💧

 

中華風味の2曲目を、アグネス・チャンと予測し、すっかりハズした時点で降参と相成りました(笑)

でもこういう企画、今まで誰もやった事がなかったですよねー✨

まぁそういった要素を差し引いても、今回もホント名曲・佳曲揃いです(^_^)b

 

町あかりさんの楽曲は、その素敵なメロディーや、ユニークさばかりがクローズアップされがちですが、歌詞も凄くイイんですよねぇ…

今回も圧倒されました(^_-)

 

いやぁ~、

町あかり、恐るべし…

 

 以下アルバムの曲目です。

『最高のセットリスト』

『嫌われたくない』

『○○○ ○○』

『メモリーズ・メゾン』

『言ってもいいこと悪いこと』

『いい子にしてたらこうなった』

『あなた普通のサラリーマンでしょ?』

『優先席に座りたい』

『夜は早く寝て』

『追いかけられる夢』

『よくある質問Q&A』

『東京名物・人混み』

『ビビッドなおしゃべり』

『カラフルあげます』

 

今時、14曲~…(?)も入って税込2500円は安い!

歌謡曲好きとしては、1回きりの企画とは言わず、また続編もやって頂きたいものです。

その際には、かつての歌謡曲の如く、オケは是非オール生音で!<(_ _)>

3000円くらいになっても構わないからぁ~(笑)

 

私的には、今年出たアルバムの中でのベストワンです🙌

それでは、『いちめんのコスモス』が次回作に収録される事を期待しつつ、もぎたての発売日レビューを 終わります。

 

超々おすすめ作品ですぞぉ~!\(^o^)/

 

f:id:toppaddy3216:20160824085621j:image

 

 

さあ、今夜は神戸チキンジョージの石野真子さんのライブへ行って、歌謡曲三昧の日にしよぉ~っと👍

 

祝70周年! “サザエさん”聖地巡礼

長谷川町子美術館

 

ご存知でした?

今年で何と、

“サザエさん” 生誕70周年!\(^o^)/

 
めでたい気分で、ここに足が向いちゃいました💨
 
東京は世田谷、

 

“長谷川町子美術館”

 
 最寄り駅の桜新町駅を降りたら、そこはもうサザエさんワールド!
f:id:toppaddy3216:20160818015542j:image
f:id:toppaddy3216:20160818091441j:image
f:id:toppaddy3216:20160818015741j:image
f:id:toppaddy3216:20160818015814j:image
f:id:toppaddy3216:20160818015830j:image
f:id:toppaddy3216:20160818020029j:image
f:id:toppaddy3216:20160818091256j:image
f:id:toppaddy3216:20160818091622j:image
 
ここから美術館までの通りを、“サザエさん通り”と呼ぶそうです☝
 
 駅周辺の沿道にはサザエさん一家の銅像が点在。
 f:id:toppaddy3216:20160818091816j:image
 f:id:toppaddy3216:20160818091853j:image
f:id:toppaddy3216:20160818092524j:image
 
いやぁ、歩いててウキウキします!😁
 
美術館までは駅から徒歩で7~8分。
 
f:id:toppaddy3216:20160818092725j:image
 f:id:toppaddy3216:20160818093116j:image
 
到着!
館内の写真撮影は不可でしたので、外観だけでもどうぞ😉
f:id:toppaddy3216:20160818093151j:image
 f:id:toppaddy3216:20160818093458j:image
f:id:toppaddy3216:20160818093533j:image
 f:id:toppaddy3216:20160818093545j:image
 
サザエさん関連の展示物は、2Fの角にあるブースにまとめられていました。
サザエさんの原画はもちろん、アニメのビデオ上映や磯野家の間取りを真上から隅々まで眺められるミニチュアなどがあります✌
 
1Fの売店ではここでしか入手できないサザエさんオリジナルグッズも販売されてますよー👍
 
ま、あくまでも“長谷川町子美術館”でありますから、サザエさん関連だけを過度に期待しない方がいいスポットなのかな…なんて思いましたね😉
 
 
美術館の向かいには通称

“サザエさん公園”

があります。

f:id:toppaddy3216:20160818020316j:image
f:id:toppaddy3216:20160818020257j:image
f:id:toppaddy3216:20160818020403j:image
ここにも銅像が。
f:id:toppaddy3216:20160818020423j:image
 
 
美術館からの帰り道、サザエさんが足りない気分の私は、こんなカフェを見つけてしまいました✨
 

“リアン・ドゥ・サザエさん ”

 f:id:toppaddy3216:20160818020522j:image
 f:id:toppaddy3216:20160818020544j:image
f:id:toppaddy3216:20160818094857j:image
 
店内ではサザエさん関連の楽曲がヘビロテされていて、ディスプレイを眺めながらそれらを聴いてると、めっちゃほっこりします😊
 f:id:toppaddy3216:20160818020732j:image
 f:id:toppaddy3216:20160818020926j:image
f:id:toppaddy3216:20160818094402j:image
f:id:toppaddy3216:20160818094453j:image
 
メニューが凄くいいんですよねー😋
f:id:toppaddy3216:20160818021328j:image
 f:id:toppaddy3216:20160818021002j:image
 f:id:toppaddy3216:20160818021056j:image
f:id:toppaddy3216:20160818021247j:image
 
カウンター席には電源コンセントが設置されてて凄く便利。
スマホの電池残量も足りてなかった私には、めちゃ有難かった…(^_^)b
 
あとで知りましたが、この店、サザエさんの公式カフェなんだそうです🙌
 
グッズも若干販売されてました。
f:id:toppaddy3216:20160818130546j:image
f:id:toppaddy3216:20160818094825j:image
 
 
そしてそして…
 
“サザエさん通り”は福岡にもあるのです☝
 
f:id:toppaddy3216:20160818095103j:image
f:id:toppaddy3216:20160818095145j:image
f:id:toppaddy3216:20160818095441j:image
f:id:toppaddy3216:20160818095547j:image
f:id:toppaddy3216:20160818095520j:image
 
 長谷川町子さんが、幼少期~戦中戦後を過ごした福岡市早良区は、サザエさんゆかりの地とされ、サザエさん通りの中程に位置する磯野広場には、“サザエさん発案の地記念碑”があるんです。
f:id:toppaddy3216:20160818095650j:image
f:id:toppaddy3216:20160818095707j:image
 
早良区の脇山口交差点から、シーサイドももち海浜公園入口までの道路約1.6 キロの通りが福岡版サザエさん通りとなっています👍
 
 
おまけです。
 
福岡タワーの近くのモール内でこんなのを見つけました☝f:id:toppaddy3216:20160818131226j:image
 
モールの名前は失念💦
ちなみに福岡関連の写真のみ昨年末のものですので、これが現在もあるかどうかは不明です…<(_ _)>
 
f:id:toppaddy3216:20160818131255j:image
 
 
以上、
サザエさんメモリアルリポートでした。
 
次回もまた見て下さいね~、
『んがぐぐ💦』(古っ…😱)
 
f:id:toppaddy3216:20160818132714j:image
f:id:toppaddy3216:20160818131416j:image