読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もぎたて☆ディストピアン

よくばりな浪漫トラベラーに捧ぐ…

エロならぬ、エラいものを観てしまった夜

青春ド真中だったあの頃…

深夜のお色気番組を観るのも楽しみのひとつでした。
親の目を盗んで(笑)


月曜から金曜までは“11PM”、土曜日は“独占!男の時間”でしたよねぇ。

他にもあったかなぁ…

あ、関東では“トゥナイト”があるか。


関西では悔しくも、山城新吾MCの独占!男の時間はネットされていなかったのですが、何かこの番組、山城氏のエロ暴走が原因で打ち切られてしまう羽目に陥ったとか…

昔は今より自由にやってましたからねぇ、テレビ番組も。

でもその事がマスコミで取り上げられて話題になった為か、後継番組の“独占!おとなの時間”はサンテレビがネット放送する事となったのです。

同時期には、“国際プロレスアワー”などもネット放送が開始され、関西の男子中高生の間では一気にそれらの話題で盛り上がったものです(^^)


独占!おとなの時間は、確か90分位の番組で、エロ的な事はもちろん、各種情報案内や、ミュージシャンが出演しての演奏&歌唱のコーナーまで盛り沢山に詰め込んでありました。

売れてない頃の“吉幾三”なんかが出てましたね。
知られざる名曲、“あそばれた男”を弾き語りで演ってたように記憶してます。

MCは関西人には馴染みのある、歌手の“諸口あきら”。
その他の番組レギュラーは、ほとんど全裸状態で毎回踊り狂ってた、若き頃の“あき竹城”など。

あんなの今じゃ放送NGでしょうねぇ(笑)


で、ある日の放送回、

その時もエロ的なコーナー以外は、つまらなさげに菓子なんぞをボリボリやりながら、ボーッと画面を眺めていたのですが、そのうちゲストミュージシャンの出演コーナーになり、演奏が始まりました。

そしてコーナーが終わり、CMに入る頃…

私の目は完全に点になっておりました( ・_・)

『今のは一体何だったんだ?』


これまで観たこともないようなパフォーマンスと、全然聴いたこともないサウンドが、ブラウン管からふいに流れてきて、しばし放心状態になりました。

不思議な事に、それだけ衝撃を受けた割には、そのミュージシャンの顔やら衣装やら演奏曲のフレーズやら何ら覚えていないのです (´`)

演奏と言うより、レコードの音に合わせて、ムチャクチャな当て振りをやってたような気もします…



程なくして、日本の音楽シーンに新たなジャンルの一大ブームが巻き起こりました。

“YMO”を頂点とした、いわゆる“テクノポップ”ムーブメント。

私も友人が貸してくれた、“プラスチックス”や“YMO”のライブ盤がきっかけとなって、今現在に至るまで一番大好きになった音楽のジャンルと、この時に出会う事となるのです (^o^)

バイト代を全部テクノ系のレコード購入につぎ込むほど熱くなってたあの頃の自分のマストは断然、
”P-MODEL”!

テクノポップ系アーティストの中でも一番パンク色が強く、歌い方や歌詞等、全然カッコつけてない所が逆にカッコよかった(^_-)

当時はライブも数多くこなし、テレビにもよく出ていたようでしたが、ついぞ彼らを目にする機会はありませんでした。

音楽雑誌に載るステージ写真が、どれもエネルギッシュでユニークなものばかりだったので、これは只者ではない人たちであるなぁ…と感じてはいましたが。


そして1981年、ようやくP-MODELのライブを観る事が出来たのですが、その時に配られていたミニコミ誌の記述を見てビックリ!

それには、独占!おとなの時間にP-MODELが出演した事がある!と書かれてあったのです!!


私があの時にテレビで観た、ハチャメチャなパフォーマンス。
あれは果たして彼らだったのでしょうか?

いやそうとしか思えません。

放送のあった頃は丁度、“ミサイル”という曲のシングル盤がリリースされた時期とも被っているし…



エロならぬ、エラいものを観てしまったという若き日のたわいない思い出話でありました(^_-)



f:id:toppaddy3216:20150321002553j:plain