もぎたて☆ディストピアン

よくばりな浪漫トラベラーに捧ぐ…

気分はドラフト1位なり!

先日、甲子園球場に行った際にここへ寄ってきました。

“甲子園歴史館”


まだ出来て5年なんですよね。
でも展示物はバッチリ充実してます(^^)

結構入館者がいて賑わってたんですが、意外だったのは多数の中国人観光客の来館。
こんな場所にまで足を延ばしているだなんて思ってもいなかったなぁ…。
何という好奇心!

台湾から来た方々は、日本の野球にも詳しそうでした。


この施設、ちょうどバックスクリーンの下あたりに位置していて、結構なスペースを有してるんですよね。

細長~く造られたその館内は、プロ野球エリアと高校野球エリアに別れており、それぞれに関連した貴重な史料やアイテムが間近で見られるマジカルミラクルなスポットなのです。

一部の展示物には実際に触れる事も出来るし、写真撮影も気が引けるくらい自由に出来ます(^^*)

他の球場にも同じような施設があるかも知れませんが、ここの博物館でしか見られないであろう珍しい史料の展示がありました。

それは、1983年まで電光掲示板では無かった甲子園球場のスコアボードに関連するあるモノ。

今じゃ考えられない事ですが、その時代では専門スタッフがペンキで選手名等を手書きした鉄板を、スコアボードの裏から外へ向けてハメ込んで表示するという原始的な方式で行っていたんですね。

高校野球開催時なんかは、突貫で用意されてたせいか、途中で雨が降るとペンキが溶けて文字が流れ出し、まったく選手名が読めなくなるなんて事もありましたよねぇ…。


何か先進国での光景とはとても思えませんが(笑)


その手書きボードが何とこれまで保存されていたという…。
しかも結構な数が残されているんですよね。


f:id:toppaddy3216:20150416124238j:plain


相当古い物もあるなぁ。

このボードが一番傷んでて逆に目立ってました。
元中日ドラゴンズ・谷沢選手のボード。


f:id:toppaddy3216:20150416233414j:plain


余談ですが、今まで見てきたプロ野球選手の中で、バッティングフォームがたまらなくカッコよかったのが、この谷沢選手、あとは高木守道選手、石嶺選手、田中幸雄選手。

あくまでも主観ですけれど…。
共感して下さる野球ファンの方がいれば嬉しいなー(^o^)


館内の途中には、その“スコアボードの真下”に行けるまさかの階段があり、甲子園球場を征服した気分に浸れちゃいます(^_^)b


f:id:toppaddy3216:20150416233440j:plain


ここへは行っとかないとダメですよね。


その他にもこの館には、1991年までで廃止された、ラッキーゾーンの一部や、新調した為に取り外された先代のベンチなど、貴重なモノがいっぱいありました。

球場横には、ららぽーと甲子園(TV番組の企画で一昨年にSMAPも来店)もある。
ここって昔は阪神パークだったとこですよね。 懐かしー。

あ、せっかくなら入館時に練習見学コースを選べば、試合前のタイガースの練習風景も見られます。
今は練習見るのも有料になっちゃったんですなぁ(+o+)


あとアイデア企画として、
“ドラフト体感コーナー”というのが実施されてます。

今年で50周年になるドラフト会議。それの開催時と同じ画面を用い、自分なりに編集をして、それをモニターに映し出す事が出来る訳なんですね。

で、やってきました。

こんな感じでーす!(^^)!


f:id:toppaddy3216:20150416234921j:plain