もぎたて☆ディストピアン

よくばりな浪漫トラベラーに捧ぐ…

ペヤングで夢も腹もふくらまそー!

日本が極めたジャンルのひとつに女子ソフトボールがあります。

2008年の北京オリンピックでは金メダルに輝き世界の頂点に立つ事が出来ましたが、それ以降も2年毎に行われている世界選手権で、日本は優勝2回/準優勝1回という抜群の成績で世界最高レベルを維持し続けているのです。

実際に試合を観に行くと、スピードやテクニックに関してはプロ野球を観ているのと遜色ないくらいにスゴい!

女性がボールを投げる仕草というのは一般的には何かぎこちないイメージがありますが、アスリートは全然違います。
もう男性みたいです(笑)

ただ、女子選手らしくていいなぁと思う事に、帽子の着用が義務付けられてないというのがあります。
髪の長い選手は着用しなかったり、サンバイザーを被る事もOKなのです。

ですから、通常の帽子を被った選手、サンバイザーを被った選手、何も着けない選手と、3タイプを試合で観られる訳です。
個性が出てイイですよねーo(^▽^)o

たゆまぬ鍛練で技を磨き上げた、女子選手たちの力強くて華麗なプレー。
是非一度球場に足を運んでみられてはと思います^o^


4月18日、今年も女子ソフトボールのリーグ戦が開幕しました。
例年通りナゴヤドームでのスタートです。



f:id:toppaddy3216:20150421231529j:plain



話題的には昨年の国内リーグ2位チームで、“日本のエース・上野由岐子”を擁す、あのルネサスエレクトロニクス高崎が消滅し、ビックカメラにまるごと移管をした事…。

新たに、“ビックカメラ高崎”として生まれ変わった訳です!

池袋のイメージが強いビックカメラですが、発祥の地は何と高崎だそうで、移管については寂しい反面、納得の企業に移れたのではないかという安堵感もあります。

真新しいユニフォームの胸には“ビックカメラ”のロゴがカタカナで大きくプリントされており、確かに色んな意味で違和感を感じましたが、何だかグッと親しみも湧いてくるんですよねぇ~(^^)

残念ながら前年度優勝チームのトヨタ自動車に敗れ、初陣を飾る事は出来ませんでしたが、相手の得点はホームランで挙げた1点のみで、上野投手の健在ぶりが強く印象に残った試合でした。

そして、もうひとつの話題。

昨年の騒動から一時休部状態に追い込まれていた、“ペヤング”チームの復活!

さすがにオフの選手補強までは出来なかったようですが、ベンチは元気いっぱいで、他のどのチームよりも観客からのあたたかい声援を受け、またこのグラウンドに戻って来られた喜びが選手一人々から滲み出ているようでした(^-^)

先制し、同点に追いつかれ、延長戦の末見事にサヨナラ勝ちで接戦を制したペヤングチーム。

本当に嬉しい一勝だったに違いありません。


西日本でも販売されるようになって久しい、ペヤング焼きそば。

優勝争いは出来なくとも、一部リーグに踏みとどまっているこれまでのチーム実績がその知名度を上げ、自社商品の販売エリア拡大にも少なからず貢献している事でしょう。


ペヤングとビックカメラ高崎。
初戦は明暗分かれましたが、両チームが今期の話題の中心となって、5年後の東京オリンピックでの種目復活に向け、是非ともリーグを大いに盛り上げて頂きたく思います!o(^▽^)oo(^▽^)o



f:id:toppaddy3216:20150421231303j:plain



f:id:toppaddy3216:20150421231325j:plain



f:id:toppaddy3216:20150421231408j:plain


f:id:toppaddy3216:20150428122724j:plain


今年の9月末までに東京オリンピックでの追加種目候補が絞られ、来年8月のIOC総会でその中から正式決定種目が発表されます。

祈! 野球・ソフトボール種目復活 !!


f:id:toppaddy3216:20150421231452j:plain