読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もぎたて☆ディストピアン

よくばりな浪漫トラベラーに捧ぐ…

胸がキュン! “町あかり”の作品世界

“シンガーソングライター”
 
かつては、神の様に崇め奉られた肩書です。

でも今ではその“有り難み”もすっかり薄れ、ほとんど死語と化してる感がしないでもない…💦(/_;)

そんな古めかしい肩書だけじゃ全然言い表せられない、“多芸すぎる”ミュージシャンがいます🙌


平成生まれでありながら…

昭和の歌謡曲が何よりも好きで影響され…
 
宅録でアルバムを製作し…
 
衣装やジャケットイラストまで手掛け…

多くの同業者からも支持され…
 
今年メジャーデビュー…
 
でも全然カッコつけず…
 
オファーがあれば何処へでもライブに参上…
 
しかも自らそれを楽しんじゃってる…(^_-)
 
 そんなシンガーソング… いやいや💧…
“マルチ・アーティスト”が、

“町あかり”

なのです!(^_^)b

作品を聴いていても、決して歌謡曲の強い影響下にあるだけではなく、むしろ現在他に類似のものが見当たらない位の独自性と、一度ハマると抜け出せなくなる中毒性を併せ持っています😱
 
デスマス調の歌詞の曲とか、和ブルース調の曲などもあり、確かにかつての昭和歌謡を想起させてもくれます。

そこがまたイイのです(^^)


ところで…

歌謡曲の本懐って果たして一体何でしょう?
 
思うに一言で言うと…
 

 『聴いてて胸がキュンとなる…(#^_^#)』

これではないでしょうか!💡

 
J-POPにそれがありますか?
 
集団アイドル曲にそれを感じますか?
 
私には感じません💧
 
 だからこそ今、いにしえの昭和の歌謡曲が持て囃され、見直されているのだと思うのです。
 
町あかりさんの生み出す曲にはその“胸がキュンとなる”成分がい~っぱい詰まっています✨(^ー^)

かつての歌謡曲と比較されてしまうのは、むしろ喜ばしい事…
 
だって皆、こんな音楽が聴ける日を心のどこかで待っていたのですから!(^_-)

           ●

つい先日、大阪の中津商店街という寂れたディープスポットの一角にあるイベント会場でライブを行った、町あかりさん。
 
メジャーデビューして、遠い存在になっちゃうのかなぁ…との私達の憂いなどコテンパンに打ち砕く、そのフットワークの軽さと庶民性には正直驚きを隠せません💦
 
ブログに書き残すつもりで足を運んだ訳ではありませんでしたが、あまりにもパフォーマンスにグッ!ときたので記事にせずにはいられませんでした(^^)
 
ライブ中の写真撮影と、SNSへの使用もオッケーとの事でしたので、今回一緒にアップさせて頂きます📷
 
 
やはり町あかりさんは、つくづく“選ばれた人”なんだなぁ…と感じさせられた、そんなある日の午後でした(^_-)
 

f:id:toppaddy3216:20151130191347j:image
f:id:toppaddy3216:20151130191505j:image
f:id:toppaddy3216:20151130191548j:image
f:id:toppaddy3216:20151130191605j:image
f:id:toppaddy3216:20151130191643j:image