もぎたて☆ディストピアン

よくばりな浪漫トラベラーに捧ぐ…

くるくる回って半世紀! 姫路回転展望喫茶

大阪万博から4年も前の1966年、

同じ関西の地で、大規模な博覧会が開催されたんです☝

それが、

“姫路大博覧会”

メイン会場は市街地から遠く離れた、標高約50メートルの“手柄山”というエリア。

手柄山中央公園として再開発されていたこの場所を使い、姫路駅からのアクセスとして、何とモノレールまで開通させて臨んだ、かなり力の入ったイベントだったんです😆

f:id:toppaddy3216:20160723221234j:image
f:id:toppaddy3216:20160723221251j:image
f:id:toppaddy3216:20160723221322j:image
f:id:toppaddy3216:20160723221343j:image
f:id:toppaddy3216:20160723221357j:image

お金かかってますよねー、模型で見ても😲
今では地方博のはしりと言われてます。

パビリオンのひとつとして、古いSF映画に出てくる、宇宙ステーションみたいなカッコいい外観の展望塔が建てられました。

模型の中にもありますね。
左はしのやつです。
f:id:toppaddy3216:20160723221419j:image

このインパクト大のフォルムは、ロサンゼルス空港の旧管制塔をイメージしたものとの事。

で、実はこの塔、今でも残されているんです😱

バーン!f:id:toppaddy3216:20160724082739j:image

塔の高さは24メートル程ですが、高台に建てられてますので、ここから姫路市の全景がバッチリ見渡せます👀👍

う~、デザイナーが誰だったのか非常に気になる…

博覧会終了後しばらく経ってから、展望フロア部は喫茶店にリニューアルされて復活オープンしました☕🍴

f:id:toppaddy3216:20160723231238j:image
f:id:toppaddy3216:20160723221906j:image
f:id:toppaddy3216:20160723221836j:image

しかもこの展望台…

座席エリアが360°回転するメカを搭載!
そう、言わば、

“回転展望喫茶”

なので~す!!\(^o^)/

f:id:toppaddy3216:20160723231458j:image

テーブルエリアが回転する仕組みになってます👍
f:id:toppaddy3216:20160724000945j:image
f:id:toppaddy3216:20160723231630j:image
f:id:toppaddy3216:20160723231645j:image
f:id:toppaddy3216:20160723231704j:image

一周約14分。
窓からは、色んなスポットが確認出来ます。
ちっちゃく姫路城も見えますよー🏯

メニューもなかなか充実。
f:id:toppaddy3216:20160723231800j:image
f:id:toppaddy3216:20160723231812j:image
f:id:toppaddy3216:20160723234048j:image

開業前年の建設途中の写真が店内に飾られてました。
f:id:toppaddy3216:20160723231904j:image

塔自体は1966年開業ですから、今年で何と50周年!🙌 ウルトラマンと同い年ですね(^_-)

この半世紀、姫路市民憩いのスポットとして大変親しまれてきた訳です😊

ここの場所に思い入れのある者は大変多く、私なども、かつてはデートであったり、心がシュンとした日などにリフレッシュがしたくて、ふいに訪れたりしたものです😂

しかし残念な事に、建物の老朽化が著しいとの理由から、市は昨年春にこの回転展望台の廃止・解体&跡地再整備プランを発表しました…😨

そりゃあ確かに、建物のコンクリート部には所々亀裂があったりで、寄る年波を感じたりはします…

でも、通天閣だって、神戸ポートタワーだって、この回転展望台の何年も前に建設されているんです😳

まだまだ廃止を決めるには早すぎるのでは?

ついそんな風に思ってしまうんですよねぇ…

嗚呼、寂しい…😩


正式には今年中に結論が出るそうです…


f:id:toppaddy3216:20160723234032j:image


ここ以外にも、日本全国に10個所以上は存在するという“回転する”展望喫茶 /レストラン…

いつか全て巡ってみたいものです(^_-)