もぎたて☆ディストピアン

よくばりな浪漫トラベラーに捧ぐ…

ぼくらのウルトラマン💦

 

洋画にはほとんど興味が向かない私ですが、この作品だけは劇場で観ておこうと先日足を運んだのが、スピルバーグの最新作、

“レディ・プレイヤー1”

 

VRゴーグルを装着した主人公たちが、進化した“仮想世界”の中でお宝探しバトルを繰り広げる…というような内容の近未来のお話しなんですが、重要ポイントは、そこかしこに登場する70~80年代カルチャーからチョイスされた、我々の世代にはどストライクな懐かしの人気キャラクターたち!

スーパーマン、スパイダーマン、キングコングといったハリウッド映画ならではのキャラの他に、日本の“ガンダム”、 “マッハ号”、 “キティちゃん” …それに、な、なんと“メカゴジラ”まで出てくるんです~‼️

さすが日本のポップカルチャー好きのスピルバーグ!

もうこりゃ観るしかないですよねー😆

 

しかしこれだけ多岐にわたる著作物の使用の許諾を得る為にはかなりの時間と労力がかかったはず…

当所の設定では嬉しい事に“ウルトラマン”も登場させる予定だったらしい…

だがご存知の方も多いと思いますが、今から20年以上も前にウルトラマンの海外でのキャラクター使用権を円谷プロから譲渡されたと主張するタイ人実業家が現れ、世界各国で裁判を起こされた事で、円谷側は現在まで海外展開が自由に出来ず、こういった“おいしい”オファーを受けたくても受けられない状況にあるのです😥

 

だ、だがしかし吉報が!

4月24日にアメリカ・カリフォルニア中央区地方裁判所で行われた裁判で円谷プロ側が全面勝訴したとの発表があったのです🙌

アメリカで勝てたのなら、続編の“レディ・プレイヤー2”には本当にウルトラマンが登場してくるかも知れない…

アメリカもたまにはいい事するなぁ(笑)

 

だいたいからしてその怪しさMAXのタイの実業家って人も、円谷プロに出入りを許され、散々特撮のノウハウを学ばせてもらったクセに、恩を仇で返すようなマネをするなんてホント信じられん!😠

しかも帰国後には勝手にオリジナルのウルトラマンを作り出し、映画にすべくきっちり撮影まで行ってる無軌道ぶり…

キャラクター使用権の中には新作制作フリーにOKなんて事など含まれませんぞー😡

ウワサではこのタイ人実業家、円谷プロとも全然関係ない“仮面ライダー”の着ぐるみを日本からレンタルして、それを使って映画撮影するなんて事もしでかしてるそうです。

しかもDVDまで販売しちゃってるとは恐れ入る💧

 

一応入手しました(爆)😳

f:id:toppaddy3216:20190210214927j:image

 

でもやっぱり、こんな人らに我が国の大切なキャラクターたちを自由にさせる訳にはいかない!

中国しかり…

 

いいかよ~く聞け!

 

ウルトラマンは、

 

ウルトラマンはぼくら日本人のモノじゃ~!😡😡😡😡😡😡😡👊