もぎたて☆ディストピアン

よくばりな浪漫トラベラーに捧ぐ…

ノーゲームの夜

 

ついこの間までオフィス北野のお家騒動の一件でテレビのワイドショーに出ずっぱりだった、たけし軍団の重鎮ダンカン氏。

この方のお顔を見るたびふと思い出す事があるんですよ~😉

 

今からちょうど35年前の1983年8月7日、ライブハウス・新宿ロフトにて行われたスペシャルイベント、“NO GAMES NIGHT”

出演は、MUSIC&WORDS(平沢進+神尾明朗+小久保隆)、Shampoo(折茂昌美+高田真奈美)、立川談之助+武藤佳世の3組。

 

P-MODELファンだった事が縁で出演した立川談之助氏は、当時よくTVなどで披露していた“懐かしのヒーロー変身芸”ネタを芸者パフォーマンスの武藤氏とのコラボで行い、客席を笑いと困惑の渦に巻き込んでさっさと退場(笑)

 

平沢氏のユニットはこの企画の為だけの特別なモノ。

サングラスを掛け、ギターをぶら下げたままフロアタムを叩きながら歌うという珍しいパフォーマンスでライブはスタート!

Synthwave的な趣の楽曲群は全てこの日が初披露&即刻封印の、それはそれはレア度MAXなライブでありました✨

特に1曲目の“ゲルマニウム”は今でもそのフレーズが頭に残ってて離れないんだよなぁ…😉

 

で、全てのライブが終わった頃だったでしょうか…

観客に混じってフロアの椅子に座りライブを観ていたダンカン氏に向かって一緒にいた芸人仲間が、

「ステージに上がれ! なんかやれ!」

ってな調子で煽ったんですね。

もうその頃のダンカン氏は立川一門からも離れ、たけし軍団のメンバーとして結構破天荒なイメージがあったんですが、そんなダンカン氏であってもさすがにこの日のメンツの後では超々やりにくかったようで躊躇してしまい、結局ノーゲームと相成った次第…

私は真横でそのやり取りを見てたって訳なんです😁

 

ちなみに談之助氏やダンカン氏の師匠であった立川談志氏が、当時の落語協会に異を唱え、弟子たちと共に協会を脱会して落語立川流を創設したのもちょうどこの年なんですよねぇ…😉👍

 


f:id:toppaddy3216:20190211100949j:image

“DANNOSUKE-TACHIKAWA”と表記されてるのはご愛嬌…笑